• 確かな技術の美容サロン・美沙妃 【名古屋・銀座】

AboutPhoto Beauty

Image フォト美容

フォト美容について

flower-fig

最新エステ脱毛SHR式機器を導入しました。早い安い、痛くないで大人気です。
フォト美容は脱毛しながら、お肌もキレイになれます。
加齢によるお肌の衰えも、みずみずしく若返ります。その効果と安全性は、国内外の医学界でも広く認められています。

letter-end
Image フォト美顔

フォト美顔について

flower-fig

シミ・ソバカスを取り除くだけでなく、素肌が持っている本来の美しさを蘇らせ、美しい状態に改善するものです。
フォトの光は、お肌の真層にも作用して、コラーゲンなど素肌に有用な成分を作り出す繊維芽細胞の動きを活性化するので、貴女が本来持っている美しい肌お取り戻すことができます。

letter-end

treatmentFace & Body

フォト美容の特徴

  • ○SHRモードによる脱毛では毛根や肌にダメージを与えず、毛包だけに弱めの熱を加えることで脱毛をします。そのためSHRモードなら肌を痛めることはありません。
  • ○今までの脱毛ではホクロ、目の周り、青あざ、アートメイク、落ちないメイク、等や色素の濃い部分に対しては照射できませんでしたが、ルミクスはSHR方式のためそれも可能にしました。
  • ○SHRモードは広い面積をスムーズに施術することが可能ですので、これまで3時間かかっていた脱毛でも約25~30分程度で完了します。(※個人差があります)
  • ○肌色を選ばず毛の色や太さに関係なく安全に脱毛 を行うことが出来るのです。うぶ毛や白髪など色素が比較的薄い毛にも効果を発揮します。
  • シミ・ソバカス

    年齢とともに新陳代謝が衰え、色素が沈着してできるシミ・ソバカス フォトの光で、色素が沈着している部分が浮き上がり、数日後には皮膚の代謝により、シミ・ソバカスが剥がれ落ちます。

  • 美容脱毛

    Image フォト美顔毛包

    ターゲットは毛包です。弱めのエネルギーで広範囲に刺激を与えます。皮膚のダメージや痛みはほとんどありません。

    (個人差があるので、調整します。)
letter-end

フラッシュ照射前に、ジェルを塗布

Image フォト美容

肌に直接強い光を照射することで起こる肌ダメージの回避や光の拡散を防ぐことで、より効果的に光エネルギーを施術箇所まで均等に届けるためです。

letter-end

フォト美顔

Image フォト美顔参考
ソバカスの施術後経過

間隔は2〜3週間に一回くらいです。フォト美顔は1回の施術でも効果を実感できますが、良い効果を得るために、通常2〜3週間に一度、五回以上行うのが望ましいです。

rose-fig

フォト美容料金について

Image ボディー部位図
Image ボディー部位図
ボディー部位別参考図
各部位1カ所、6000円 2カ所以上同時の場合は、1000円割引

(例)両肘上6000円+両膝下6000円=12000円 が1000円割引で11000円

※価格は全て税込です
フォト美容料金表
1part 2parts 3parts 4parts 5parts 6parts 7parts 8parts
  or2回 or3回 or4回 or5回 or6回 or7回 or8回
6,000円 11,000円 16,000円 21,000円 25,000円 29,000円 32,000円 35,000円

追加部位

・両手の甲¥1000円・両足の甲¥1000円

QuestionF A Q

A: はい、基本的にできます。SHRモードによる脱毛では毛根や肌にダメージを与えず、毛包だけに弱めの熱を加えることで脱毛をします。そのためSHRモードなら肌を痛めることはありません。

A: はい、本当です。SHRモードは広い面積をスムーズに施術することが可能ですので、これまで3時間かかっていた脱毛でも約25~30分程度で完了します。(※個人差があります)

A: ありません。SHRモードで脱毛する際には弱めの熱で施術します。やけどの心配はありません。

A: ほとんど痛くありません。SHRモードは刺激の少ない脱毛方法です。(※個人差があります)

A: これまでの脱毛理論とは違うSHR方式 ですから弱めの光エネルギーを毛包に蓄積することで脱毛効果を実現します。
だから肌色を選ばず毛の色や太さに関係なく安全に脱毛 を行うことが出来るのです。うぶ毛や白髪など色素が比較的薄い毛にも効果を発揮します。

A: 今までの脱毛ではホクロ、目の周り、青あざ、アートメイク、落ちないメイク、等や色素の濃い部分に対しては照射できませんでしたが、ルミクスはSHR方式のためそれも可能にしました。
ただし粘膜、唇、などには照射できません。タトゥーに関しても施術は可能ですが、お勧めしておりません。

A: 肌に直接強い光を照射することで起こる肌ダメージの回避や、光の拡散を防ぐこと で、より効果的に光エネルギーを施術箇所まで均等に届けるためです。